もふもふ猫のお城

日々の生活に彩りを(ください)

【請求書大公開】@niftyの格安スマホを1年使ったコストと感想【NifMo】

最近話題の格安SIM、格安スマホMVNO

昨年夏にキャリア(au)から格安スマホに乗り換えて約1年が経ちました。

私が利用しているのは@niftyのNifMo(ニフモ)です。

SIMフリー端末は自分で用意したので、@niftyからはSIMカードをもらって差すだけ。

電話番号を引き継ぐ場合も、ネット上の手続きで完結です。

 

結論から言うと、かなりスマホ代を節約できました!

具体的には月々¥5000くらい。これはでかい。

 

周りから「検討しているけど、実際いくらになるの?」と聞かれることが多くなってきました。

確かに、そこが一番のポイントですよね。つべこべ言わずに金額を見せろ、それが正解です。

さて、私が一年間使ったスマホ代明細を大公開します!

ぜひ参考にしていただき、不明点あればコメントくださいね。

 

 

約1年分の請求書明細大公開 

  • 音声通話、SMS、データ通信10GBでの契約です。
  • 毎月かかるユニバーサル使用料¥2は端数扱いで省略しました。
  • 電話はほとんど使わない。使う機会といえば、お店の問い合わせや宅配便の方くらい…

 

NifMo月額費用

データおかわり(ピンク部分)をした月を含めても、全て¥5000以内です。 

キャリア時代は大体¥7000〜8000でしたので、現段階でも十分節約に♡

 

ここで2016年3月、我が家に変化が。

 

  • 自宅にWi-Fiを導入したため、データ通信は外出中のみの利用に変更
  • 結婚式の打ち合わせなどで電話をする機会が激増(ピンク部分)

 

NifMo月額費用

3月は結婚式前のため音声通話が激増し、高くなってしまいましたが( ;  ; )

そのあとはデータ通信費減(10GB→5GB)により毎月¥3000以内に!

これはすごいです。

これまでキャリアスマホで毎月3倍近い料金を払っていたわけですね。あ、アホらしい…笑

 

 

明細から見えるポイント4つ

  • 初期費用はNifMo登録料¥3000+SIMフリー端末代
  • 音声通話&SMS基本料金は毎月一定
  • データ通信料によってかなり価格帯が変わる
  • 急な通話量の増加には注意が必要!

 

NifMoのオススメポイント

月額定額で国内電話かけ放題プラン¥1300!

月々+¥1300で国内無料通話を追加オッケーです。

何回、何分電話をしても定額のMVNOは今の所NifMoだけのようです(^○^)

MVNOは、◯分以内を△回まで、などの制限がついてしまいます。

また、国内&海外無料通話は月々+¥2700です。これもかなりお得ですよね。

データ通信量が余った月は、自動で繰り越し。

データ通信量が足りなくなっても、大丈夫!

先ほど出てきました「データおかわり」ですぐ通信料を購入することができます。

購入は、ユーザー専用のアプリからさくっと行えますよ!

だいたいいつでもやっている、乗り換えキャッシュバックキャンペーン

なぜかいつもやってます(笑)

乗り換えをする方には嬉しいですね!

端末セットプランでお得にSIMフリースマホをゲットできる

国内キャリアのように、端末を購入して分割払いという形も可能です。

安定のユーザーサポート

インターネットプロバイダとして昔から第一線で走り続ける@nifty

契約者専用のアプリやサポートページでほとんどの変更や問い合わせを済ませることができます。さすがの安心感です! 

サポートセンターにわざわざ電話するのって意外とストレスというか、めんどくさいというか…私だけでしょうか?

なので@niftyの仕組みにはとても助かっています。

 

NifMoの残念?ポイント

留守電機能は未提供

私の場合はあまりいらなかったな…友人知人家族はほぼLINEなどのチャットツールを使ってしまいますし。

 

結論!NifMoはこんな人にオススメ

  • 自宅や職場に自由に使えるWi-fiがある / 設置の予定がある
  • 通話はあんまり使わない
  • 逆に、すごく通話をする! → 国内電話かけ放題を追加♪

 

以上、いかがでしたか?ぜひ参考にしていただけると幸いです♡